まんこが臭い女性はココを確認

まんこの臭いは自分でも不快ですから、周囲にはもちろん不快感を与えます。
そこでまんこの臭いを防ぐ3つのポイントをここで説明します。

 

生理の時のナプキンを適宜取り換える

これは当たり前と言えばそれまでのことですが、
生理中に使うナプキンは汚れが目立たなくても適宜取り換えましょう
極論鴨知れませんが、3時間沖に取り換えることをおすすめします。
それは雑菌が目に見えないからで、
一見汚れていないようでも雑菌がいる可能性があるからです。
時間が経過すると、目には見えない雑菌は増えていて、まんこの臭いの原因になります。

 

 

まんこ専用のソープを使って洗う

まんこを清潔に保つことは臭いを防ぐには欠かせませんが、問題は洗い方にあります。
まんこは専用のソープを使い、泡で洗う感じでなおかつ丁寧にやさしく洗いましょう。
まんこ専用ソープもおすすめで、無香料・無色素・弱酸性の専用ソープで洗えば、
まんこの皮膚を殺菌、消毒して清潔に保てます。

 

 

まんこの通気性を良くする

3つ目のポイントはまんこの通気性を良くすることで、
ストッキングやガードルなどを重ね履きをする時は通気性に注意しましょう。

 

長時間着用する場合は、ピッタリと締め付けないで、ゆとりのあるものを選ぶようにしましょう。
今は通気性に配慮した製品がたくさんありますから、
選ぶのにそれほど苦労はしないでしょう。

 

 

まとめ

まんこの臭いを防ぐための基本の3つのポイントは、ナプキンを取り換える、
皮膚に刺激を与えないようにやさしく洗う、そして、まんこが蒸れないようにすることです。
これらのポイントは頭で理解するのはやさしいのですが、実際に実行するとなると、
とかくお座なりになりそうです。
例えば、まだ汚れていないからとナプキンを取り換えない、まんこをゴシゴシ洗う、
まんこが蒸れやすい下着をつけていると、まんこの臭いがするようになります。

 

デリケートゾーンを石鹸で洗うという意味

すそわきがは石鹸で洗えば収まる、ということを聞いたことがある人も多いと思いますが
石鹸でごしごし洗うのは絶対におすすめできません。
非常にリスクがあり、危険なことです。

 

 

デリケートゾーンには石鹸は大敵

石鹸、ボディーソープというのは、私たちの体を洗うのに必要なアイテムです。
生活必需品の一つで、現代で生きるためには絶対に必要なものの一つとなっていると思います。
ですが、デリケートゾーンにおいては、石鹸で洗うというのは非常に危険なことです。

 

 

石鹸に含まれる、デリケートゾーンにとっての有害物質

石鹸には、有害物質もいくつか含まれています。
例えば石鹸の保存剤にはエデト塩酸という強酸が含まれており
エデト塩酸にはアレルギーや低血圧を引き起こしたり、腎臓障害、染色体異常などの原因にもなり得ます。
また、石鹸の香料や着色料の一つの黄色203には発がん性が認められております。
石鹸水などは、口に入ったら危険と言われていますが、このような理由があるためです。

 

 

すそわきが対策で石鹸を使うのはかなり危険

すそわきがは、原因からして完全な治療が難しい部分です。
ですので、基本は自分でやるセルフケアがほとんどです。

 

つまり、お風呂の時などに石鹸で洗うのが一番有効と考えられがちですが
石鹸には上記のような危険を考えると、まったくおすすめできません。

 

女性器は、外部からの有害物質を、非常に吸収しやすいという特徴を持ちます。
膣内は特にデリケートで、粘膜などでできているため、吸収しやすい上に
男性の精子を外に流れ出ないような構造になっているので、石鹸水のような有害物質が入り込むと
外に排出しづらくなっているのです。

 

例えば体を石鹸できれいに洗うときには、必ずきちんとすすぎをすると思いますが
膣内、デリケートゾーンではそれは非常に難しくなっているということです。

 

 

どう洗えば良いのか

どう洗えば良いのかというと、やはり「石鹸を使わない」」のが確実な方法になります。
石鹸を使わずに、ぬるま湯だけで洗浄してみてください。
しかも、その時には、膣の奥まで指を入れたりせず、手前で優しく洗うだけにとどめてください。

 

ポイントは、大陰唇、小陰唇、クリトリスの洗浄です。
これらの部分は特にしわが多く、でこぼこしているので、汚れがたまりやすくなっているのです。
しわをのばしたり、クリトリスをむいたりしながら、細かい部分まで洗えるようにするのが肝心です。
決して力を入れすぎないで、慎重に洗うのを心がけてください。陰部 臭い