まんこはどうして黒ずむのか?

デリケートゾーンという言葉はいろいろな意味を含みますが、黒ずむというと、
主に陰部や乳首のことを指すようです。
大陰唇や小陰唇、あるいはお尻など、陰部の黒ずみは女性の大きな悩みですが、
同時に男性の多くが誤解していることでもあります。

 

 

デリケートゾーンが黒ずむのは、セックスとは無関係

今さらという感じがしますが、女性の陰部や乳首が黒ずむのはセックス経験が豊富という、
間違った説が、今でも通用しているようです。

 

確かに陰部はデリケートな角質層で構成されていますから、
外部からの刺激でメラニン色素が誘発されるのは事実です。
しかし、デリケートゾーンを黒ずませるメラニン色素はおおくの場合、下着との摩擦などで誘発されます。
ちなみに、この現象はデリケートゾーン以外でも見られ、たとえば顔や脇下などにも、
黒ずみやシミができます。

 

 

加齢とホルモンバランスの乱れ

加齢は避けて通ることができない自然現象ですし、
加齢とともに女性ホルモンの変化や乱れもいわば自然現象です。
加齢とホルモンバランスの乱れと、デリケートゾーンの黒ずみの因果関係の主役は、
体内のメラノサイトという細胞が作り出すメラニン色素です。
メラニン色素自体が肌に沈着すると、そこが黒ずむのです。

 

 

肌の摩擦や炎症のダメージも原因

加齢やホルモンの変調以外のデリケートゾーンの黒ずみの原因は下着類と皮膚との摩擦と乾燥です。
下着類はどうしても直接デリケートゾーンと接触しますから、
それが皮膚を摩擦してしまいます。

 

恰好良さを重視すると化学繊維が素材になるのが下着類ですが、
これは黒ずみの点から考えると、良くないのです。
また生理用のナプキンも陰部を刺激しますから、
これらの素材はできるだけ肌を摩擦しないように着用しましょう。

 

 

黒ずみには美白剤も効果的

美容皮膚科では黒ずみ改善のためにハイドロキノンやレチノイン酸配合のクリームを処方してくれます。
ほかにもピーリングという方法もありますから、黒ずみがどうしても気になる時には
美容外科クリニックで診察を受けましょう。
まんこ 臭い 対策